So-net無料ブログ作成

ディズニー「ベイマックス」声優 日本 吹き替え [映画]

ディズニー新作アニメ映画の「ベイマックス」が漫画化し、
連載されることが発表されました。


Big_Hero_6-000.jpg


【ニュース概要】


ディズニー新作アニメ映画の「ベイマックス」が
ついにマンガ化され各週刊誌に連載報道されることが映画.comニュースにて報じられました。


どうやら報道によるとこのアニメ化の話しについては
日本のみでの先行配信にてストーリーが公開されることになるようだ。



【公開情報】


2014年12月20日(土)
全国ロードショー

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン



【ベイマックス:特別限定動画を公開!!】












スポンサードリンク









【詳細情報】


『ベイマックスとは』

ベイマックスとは、元々サンフランシスコと東京が
融合したような架空の都市のことをいい、


今回の「ベイマックス」という作品は、
「サンフランソウキョウ」を舞台に


14歳の天才少年ヒロと、人々の心とカラダの健康を守る為に開発された
ケア・ロボットの「ベイマックス」との2人に絆を描いた作品となっているようです。



『日本限定の先攻配信』

日本の文化が強く描かれた今回の作品では、
監督は「ドン・ホール」が勤めている。


彼は「日本のインスパイアされた『ベイマックス』を、
マンガ化して世界に伝えたくなったなだ!!」


と今回のマンガについて胸中をアツく語った。


そして今回それが実現化して、
さらに日本だけの限定先行配信ということだから驚きだ!!


ディズニーファンにとってはたまらない事実だろう!!



『配信開始時期』

また、今回のマンガ化の詳細については
週刊誌マガジンでの連載配信となる。


決してテレビなどでの映像配信ではないということだ。


とは言うものの、今回のマンガ化については
監督ドン・ホールのアツい思いからなっているため
この事実もどう変わるかわからない。


連載開始については8月6日発売の36・37号合併号から
配信スタートとなる。


乞うご期待だ!!




スポンサードリンク







ワイルドスピードの主演ヴィン・ディーゼルの筋肉がやばい!!画像を片っ端から集めた!! [映画]

ワイルドスピードの主演ヴィン・ディーゼルの筋肉がやばい!!画像を片っ端から集めた!!


超人気映画大作のワイルドスピードで主演を演じている
ヴィン・ディーゼルさん(ドミニク・トレット役)の筋肉美がやばい件について
レポートしていきたいと思います。



【ヴィン・ディーゼル:プロフィール】

20110824_613885.jpg


本名:Mark Sinclair Vincent

生年月日:1967年7月18日

出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州

主な作品:「ピッチブラック」
     「ワイルドスピード」
     「リディック」



【ドミニク(ヴィン・ディーゼル)の筋肉美がやばい!!】


ワイルドスピードファンのみなさんは
ポール・ウォーカー(ブライアン・オコナー)か
ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)のファンかの
どっちかにわかれる人が多いと思います。


ポール・ウォーカーさんもなかなかのいい男ですよね!!
男の人も憧れる人が多いくらいです!!


しかし、ヴィン・ディーゼルさんもポール・ウォーカーさんに
勝るほどの大人気を誇っています。

今回はそんなヴィン・ディーゼルさんの筋肉美についてまとめていきます。


img_1.jpeg


c0050387_1223536.jpg


unnamed.jpg


vin-diesel-evil.jpg


511fh4F31QL._SX400_.jpg


51TIkJe1AtL._SX500_.jpg


fast_6_main-16.jpg


スクリーンショット 2014-06-28 21.05.38.png


vin-diesel-evil.jpg



ヴィン・ディーゼルさんはニューヨーク生まれで
イタリア系黒人系の両親から生を受けました。


しかし、父親とは一度もあったことがなく、
劇団役者の義理の父のもとで育ちます。


7歳の時に劇団に踏み込み舞台にもたったそうです。


大学へ進学し、英文学を学んだそうですが、
俳優になりたいという夢を叶えるためハリウッドへ。


しかし、役も得ることができずに
ニューヨークへもどることに。


そこで母親の勧めから、自分で脚本を書いて
短編映画「Multi-Facial」を制作したそうです!!


すごいですね!!!


この作品は3日間という撮影機関で3000ドルという超低予算で
制作された作品であったが、1995年のカンヌ国際映画祭でかなりの高評価を得たそうです。


このMulti-Facialを見たスティーヴン・スピルバーグ監督に抜粋され、
プライベート・ライアン」という作品に出演。

そこでスティーヴン・スピルバーグ監督が
ヴィン・ディーゼルさんの存在感に惚れ込み
脚本中に無かった役をわざわざヴィン・ディーゼルさんのために作ったそうです。



スポンサードリンク







【映画出演履歴】


・1997年

「ストレイ・ドッグ」




役名:不明



・1999年


「プライベート・ライアン」







役名:エイドリアン・カパーゾ二等兵



「アイアン・ジャイアント」




アイアン・ジャイアントの声役



・2000年


「マネー・ゲーム-Boiler Room-」





役名:クリス



「ピッチブラック」









役名:リディック




・2001年


「ワイルド・スピード-The Fast and The Furious-」





役名:ドミニク・トレット



「ノックアラウンド・ガイズ」





役名:テイラー・リース




・2002年


「トリプルX-xXx-」







役名:ザンダー・ケイジ




・2003年


「ブルドッグ-A Man Apart-」








役名:ショーン




・2004年


「リディック-The Chronicles of Riddick-」







役名:リディック




・2005年

「キャプテン・ウルフ-The Pacifier-」







役名:シェーン・ウルフ




・2006年


「コネクション マフィアたちの法廷-Find Me Guilty-」




役名:ジャッキー・ディノーシオ



「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT-The Fast and The Furious: Tokyo Drift-」






役名:ドミニク・トレット

カメオ出演



・2008年


「バビロン A.D.-Babylon A.D.-」






役名:トーロップ



・2009年


「ワイルド・スピード MAX-Fast & Furious-」






役名:ドミニク・トレット



・2011年


「ワイルド・スピード MEGA MAX-Fast Five-」





ワイルドスピード トリジーBOX(初回限定版)


ワイルドスピード ペンタロジー(期間限定品)


スクリーンショット 2014-06-28 21.52.30.png

41jlS0OwfWL._SL500_.jpg


役名:ドミニク・トレット



・2013年


「ワイルド・スピード EURO MISSION-Fast & Furious 6-」

ワイルドスピード EURO MISSION(DVD)


ワイルドスピード EURO MISSION(Blu-ray)


ワイルドスピード EURO MISSION(Blu-ray + DVD)



役名:ドミニク・トレット



「リディック:ギャラクシー・バトル-Riddick-」

リディック:ギャラクシー・バトル(DVD)


リディック:ギャラクシー・バトル(Blu-ray)



役名:リディック



・2014年


「Fast & Furious 7」

fast_and_furious_7_by_outlawsarankan-d6agfl5.jpg


役名:ドミニク・トレット







「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(Guardians of the Galaxy)」

Guardians_of_the_Galaxy-Poster.jpg
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー [Blu-ray]


役名:グルート
モーションキャプチャ及び声の出演



スポンサードリンク






まとめ

といことでヴィン・ディーゼルさんの
出演作品をまとめてみましたが、

かなりいろんな作品に出演されていますね。


それだけブランドがついてるってことですね!


だからこそ未だにワイルドスピードは
最初の作品から見直す人も多くいますからね!


ちなみにぼくもポールウォーカーさんより
ヴィン・ディーゼルさんよりのファンです!!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。